めたすらいむの舟

メタル/書評を通じて、ものを書く練習を行っています。原則平日朝更新予定。

書評

吉本ばなな / TSUGUMI

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)作者:吉本 ばなな発売日: 1992/03/01メディア: 文庫 吉本ばなな / TSUGUMI のレビューです。 1.作品を選んだ理由 妻の推薦による。 2.内容 原作は1989年…平成元年ですね。中公文庫でのリリース。当時の山本周五郎賞を受賞している…

池井戸潤 / 民王

民王 (文春文庫)作者:池井戸 潤発売日: 2013/06/07メディア: 文庫 池井戸潤 / 民王 のレビューです。 1.作品を選んだ理由 池井戸潤は面白い。息詰まる長編もいいが、ちょっとライトなものを読みたくてこれをチョイス。 2.内容 原作は2010年発表で、手持ちの…

フィリップ・K・ディック / アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))作者:フィリップ・K・ディック発売日: 1977/03/01メディア: 文庫 フィリップ・K・ディック / アンドロイドは電気羊の夢を見るか? のレビューです。 1.作品を選んだ理由 その特徴的なタイトルはか…

トニー・ペロテット / 古代オリンピック 全裸の祭典

古代オリンピック 全裸の祭典 (河出文庫)作者:トニー・ペロテット発売日: 2020/01/07メディア: 文庫 トニー・ペロテット / 古代オリンピック 全裸の祭典 のレビューです。 1.作品を選んだ理由 本屋でタイトル買い。まぁ東京オリンピックイヤーだから…という…

三島由紀夫 / 夏子の冒険

夏子の冒険 (角川文庫)作者:三島 由紀夫発売日: 2009/03/25メディア: 文庫 三島由紀夫 / 夏子の冒険 のレビューです。 1.作品を選んだ理由 妻の本棚シリーズ。 2.内容 原作は1951年で、手持ちは角川文庫からのもの。三島にしては…という言い方が正しいのかわ…

小松左京 / 復活の日

復活の日 (角川文庫)作者:小松 左京発売日: 2018/08/24メディア: 文庫 小松左京 / 復活の日 のレビューです。 1.作品を選んだ理由 ここ最近のコロナ騒ぎで話題図書になってたので買ってみた。 2.内容 1964年作で、本書は2018年に角川文庫から文庫化。内容は…

岡嶋裕史 / アップル、グーグル、マイクロソフト

アップル、グーグル、マイクロソフト~クラウド、携帯端末戦争のゆくえ~ (光文社新書)作者:岡嶋 裕史発売日: 2011/08/05メディア: Kindle版 岡嶋裕史 / アップル、グーグル、マイクロソフト クラウド、携帯端末戦争の行方 のレビューです。 1.作品を選んだ…

池井戸潤 / 下町ロケット

下町ロケット (小学館文庫)作者:池井戸 潤発売日: 2013/12/21メディア: 文庫 池井戸潤 / 下町ロケット のレビューです。 1.作品を選んだ理由 半沢直樹シリーズをはじめとする作品をいくつか読んで面白かった。今回は銀行が主役ではないが、どうなのだろうか…

米澤穂信 / 儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)作者:米澤 穂信発売日: 2011/06/26メディア: 文庫 米澤穂信 / 儚い羊たちの祝宴 のレビューです。 1.作品を選んだ理由 この作品ではないんだけど、「おススメのミステリー特集」みたいなWebページでこの作者を見かけたことがあっ…

阿刀田高 / ギリシア神話を知っていますか

ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)作者:阿刀田 高メディア: 文庫 阿刀田高 / ギリシア神話を知っていますか のレビューです。 1.作品を選んだ理由 『新約聖書を知っていますか』が入門編として大変面白かったので、ギリシア神話も。あと、ギリシア神…

堀啓子 / 日本近代文学入門 12人の文豪と名作の真実

日本近代文学入門-12人の文豪と名作の真実 (中公新書)作者:堀 啓子発売日: 2019/08/20メディア: 新書 堀啓子 / 日本近代文学入門 12人の文豪と名作の真実 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 明治~昭和期の文豪のことを知りたいなぁとおもってうろうろしてい…

永江朗 / 「本が売れない」というけれど

(046)「本が売れない」というけれど (ポプラ新書)作者:永江 朗発売日: 2014/11/04メディア: 新書 永江朗 / 「本が売れない」というけれど のレビュー。 1.作品を選んだ理由 タイトル買いの新書。本が売れない読まれないと言われてる気がするけど、本当かどう…

海堂尊 / チームバチスタの栄光

新装版 チーム・バチスタの栄光 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者:海堂 尊発売日: 2015/09/19メディア: 文庫 海堂尊 / チームバチスタの栄光 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 なんか名前は聞いたことあるよなぁと思って。 2.内容 2006年に『この…

村上春樹 / ランゲルハンス島の午後

ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)作者:村上 春樹,安西 水丸発売日: 1990/10/29メディア: 文庫 村上春樹 / ランゲルハンス島の午後 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 自粛中に妻が小粒な本として持ってきてくれた。 2.内容 元は1984年頃に雑誌に掲載されて…

原田マハ / サロメ

サロメ (文春文庫)作者:マハ, 原田発売日: 2020/05/08メディア: 文庫 原田マハ / サロメ のレビューです。 1.作品を選んだ理由 ジャケ買い。原田マハさんは名前は知ってたが読んだことはなかった。美術テーマの小説がおおいのかな?と思ってた。 2.内容 オー…

ホルヘ・ルイス・ボルヘス、アドルフォ・ビオイ=カサーレス / ボルヘス怪奇譚集

ボルヘス怪奇譚集 (河出文庫)発売日: 2018/04/06メディア: 文庫 ボルヘス・カサーレスの選によるボルヘス怪奇譚集 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 本屋で偶々平積みになっていたのを見かけて購入。詩人ボルヘスは知っていたけど読んだことなかった。カサー…

谷本真由美 / ノマドと社畜 ポスト3.11の働き方を真剣に考える

ノマドと社畜 ~ポスト3.11の働き方を真剣に考える作者:谷本真由美(@May_Roma)発売日: 2013/03/09メディア: Kindle版 谷本真由美 / ノマドと社畜 ポスト3.11の働き方を真剣に考える のレビュー。 1.作品を選んだ理由 タイトルかな。あとは作者紹介で仕…

深水黎一郎 / 最後のトリック

最後のトリック (河出文庫)作者:深水 黎一郎発売日: 2014/10/07メディア: 文庫 深水黎一郎 / 最後のトリックのレビュー。 1.作品を選んだ理由 作者も作品も何も知らずにブックオフで買ってみたヤツ。タイトル一本釣りですわ。 2.内容 2014年に河出文庫から刊…

中町信 / 模倣の殺意

模倣の殺意 (創元推理文庫)作者:中町 信発売日: 2004/08/13メディア: 文庫 中町信 / 模倣の殺意 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 ブックオフで偶然見かけたものをタイトル買い(作者のことは知らなかった)。でも、どこかの書店のブックフェアでピックアッ…

三上延 / ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫)作者:三上 延発売日: 2011/03/25メディア: 文庫 三上延 / ビブリア古書堂の事件手帖 第一作 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 おススメミステリーランキング上位にいたのと、名…

中島敦 / 山月記・李陵

李陵・山月記 (新潮文庫)作者:敦, 中島メディア: 文庫 中島敦 / 山月記・李陵 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 妻の推薦と、『山月記』は教科書で読んだことあったからね。 2.内容 33歳で亡くなった中島敦の短編小説集。新潮文庫から発刊されていて、『山月…

島田荘司 / 改訂完全版 占星術殺人事件

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)作者:島田 荘司発売日: 2013/08/09メディア: 文庫 島田荘司 / 占星術殺人事件 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 これもミステリ会に名高い名作とのことで手を付けてみたよ。 2.内容 原作は1981年、2013年に作者自身の…

湊かなえ / 贖罪

贖罪 (双葉文庫)作者:湊 かなえ発売日: 2012/06/06メディア: 文庫 湊かなえ / 贖罪 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 『告白』『少女』…と読んで来ての、これ。 2.内容 2012年双葉文庫より発刊。原作は2009年。娘を失った母親と、その娘と一緒にいて殺人犯を…

鳥飼玖美子 / 歴史を変えた誤訳

歴史をかえた誤訳―原爆投下を招いた誤訳とは! (新潮OH!文庫)作者:鳥飼 玖美子メディア: 文庫 鳥飼玖美子 / 歴史を変えた誤訳 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 ブックオフで偶然見かけたものをタイトル買い。 2.内容 1998年に『言葉が招く国際摩擦』というタ…

呉座勇一 / 応仁の乱

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)作者:呉座 勇一発売日: 2016/10/25メディア: 新書 呉座勇一 / 応仁の乱 のレビュー。 1.作品を選んだ理由 そーいや何年か前に売れたよなぁ…という程度の認識。あと、日本史をやってない自分からすると、応仁の乱…

森博嗣 / すべてがFになる

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER S&Mシリーズ (講談社文庫)作者:森博嗣発売日: 2012/09/28メディア: Kindle版 森博嗣 / すべてがFになる をレビュー。 1.作品を選んだ理由 本屋で「あっ、名前は良く知ってるやつだ」と思い、手に取ってみるとどうも…

我孫子武丸 / 弥勒の手

弥勒の掌 (文春文庫)作者:我孫子 武丸発売日: 2008/03/07メディア: 文庫 我孫子武丸 / 弥勒の手 をレビュー。 1.作品を選んだ理由 先に読んだ『殺戮にいたる病』が衝撃的だったので、さっそく別作品を手に取ってみた。 2.内容 2005年の作品で、2008年に文春…

乙一 / 天帝妖狐

天帝妖狐 (集英社文庫)作者:乙一発売日: 2001/07/19メディア: 文庫 乙一 / 天帝妖狐 をレビュー。 1.作品を選んだ理由 本屋をうろついていた時に「そういえば乙一って見たことあるなぁ~昔流行ってなかったっけ?」と思って買ってみた。 2.内容 2001年、集英…

我孫子武丸 / 殺戮にいたる病

新装版 殺戮にいたる病 (講談社文庫)作者:我孫子 武丸発売日: 2017/10/13メディア: 文庫 我孫子武丸 / 殺戮にいたる病 をレビュー。 1.作品を選んだ理由 本屋で俗悪なタイトルとウエア表紙のキャプションに魅かれて購入。 2.内容 1996年、講談社文庫から。作…

エラリー・クイーン / Xの悲劇

Xの悲劇【新訳版】 (創元推理文庫)作者:エラリー・クイーン発売日: 2019/04/24メディア: 文庫 エラリー・クイーン / Xの悲劇をレビュー。 1.作品を選んだ理由 『十角館の殺人』の登場人物の一人、エラリイの元ネタで読んでみようと思った。 2.内容 1932年の…