めたすらいむの舟

メタル/書評を通じて、ものを書く練習を行っています。原則平日朝更新予定。

Entrapment / The Obscurity Within...

Obscurity Within

Obscurity Within

  • アーティスト:Entrapment
  • 出版社/メーカー: Soulseller
  • 発売日: 2013/01/08
  • メディア: CD

オランダのデスメタルバンド Entrapment / The Obscurity Within...をレビュー。

1.作品を選んだ理由

 デスメタル闇鍋(妻に選んでもらった)。まあジャケとリリース年代からは若いのにオールドスクール系のデスメタルやってる連中なんだなだと思った。

2.内容

 2012年リリースの1stフルで、Soulseller Recordsというところからリリース。2009年結成の若いバンド。
 1曲目でピアノのインストが始まった時はどうなることかと思ったのだが、これはあれですね、スウェディッシュ系のオールドスクールデスメタルですね。黒く歪んだドライブ感のあるサウンド(スウェディッシュデスの界隈ではBuzz-Sawサウンドなどというらしい)でロックンロールなノリを持つトレモロリフを奏で、それに呼応するようなノリの良いリズム叩き出すドラム、ガラのわるそーな吐き捨てデスヴォイス、流麗なギターソロといった要素をしっかりと持ち合わせている。メロディセンスは怪しいリフやギターソロにのみ注力されていて、所謂メロディックデス的なクサメロは全くないです。南米系のブラックスラッシュ的な趣もあるが、あれより理性的で構築的。ブラストビートはないです。
 結構ええやん!と思ったら、今年解散していた模様。残念。

3.感想/評価(★の5段階)

 ★★★★-
 気持ちいいサウンド。期待してなかったわりに良かった的な評価もある。別アルバム見かけたら買いますわ。

4.どのような人に推奨するか

 ロックンロール要素の強い初期デスメタル好きに推奨。スピードやメロディを求める人には向かない。