めたすらいむの舟

メタル/書評を通じて、ものを書く練習を行っています。原則平日朝更新予定。

The Crown / Eternal Death

ETERNAL DEATH / DIGIPA

ETERNAL DEATH / DIGIPA

スウェーデンのメロディックデス/スラッシュメタル The Crown / Eternal Deathをレビュー。

1.作品を選んだ理由

 最初に名作4th Deathrace Kingを聞いて感動したので、集め始めたもの。

2.内容

 1997年リリースの2nd。自分のはCentury Media再発版で、リリース当初は旧名(Crown of Thorns)だがすでにThe Crown表記の者だったと思う。
 特徴はクサすぎず甘すぎずのバランス感覚を保ったストレートなメロディと、メロデス勢にはない高速なスピード感。後続の作品に比べるとロックンロール風味や怒涛の刻みリフはまだ少ない方。トレモロリフやギターメロディによるそこそこ抒情的なリフに高速ブラストビートが絡む様は、所謂メロディックデスメタル黎明期のバンドたちよりも、ファストブラック勢のバンドに近い感覚もあるかも(似ているかというとそうでもないけど、Dissectionの1stとかDark Funeralの2ndとか)。
 ただ、寒々しさは全くなく、ジャケットの通り赤系で熱い!というイメージのメロディックデスである。#4, #10などは長尺でゆったり展開する聞かせる系の曲もある。

3.感想/評価(★の5段階)

 ★★★★-
 このころのThe Crownと似たようなバンドって冷静に考えるとあまり浮かばない。既にオリジナリティあると思う。3rd以降の爆走デスラッシュとはちょっと趣が違うので、聞く頻度は高くないけど、すごくいいよ。

4.どのような人に推奨するか

 所謂メロディックデスのバンドは速度が足りない、あるいはクサすぎと思う方には、実はぴったりハマるサウンドかも。先にも書いたように、こういうバランスのバンドってあまりいないので。