めたすらいむの舟

メタル/書評を通じて、ものを書く練習を行っています。原則平日朝更新予定。

Rebaelliun / Annihilation

Annihilation -Reissue-

Annihilation -Reissue-

ブラジルのデスメタルバンド Rebaelliun / Annihilationをレビュー。

1.作品を選んだ理由

 だいぶ前(多分10年とか前)に安く手に入れたんだが、先日1stを見つけて久しぶりにこっちも聞いてみる。

2.内容

 2001年リリースの2ndフルで、Hammmerheart Recordsから。この後2002年にいったん解散してしまうらしいんだが、2015年に復活し、2016年には3rdアルバムもリリースしている(なお、持っていない模様)。

 あまり説明する必要のない、Krisiun/Morbid Angelライクな暴虐性・攻撃性に富んだブラストビート主体のオールドスクールデスメタル。前作1stより各パートのパワー・スピードが増している感じがあり、とってもマッチョな雰囲気。基本的にはやっていることは変わっていないので、正統進化したといえるのではなかろうか。力任せにブラストし続けるドラムと、低音トレモロで邪悪且つメロディ感のあるリフを奏で、且つ超高速の速弾きギターソロをそこかしこに挟み込むギターは、とても力強いサウンドを表出している。前作のようなインストもなく、全曲爆走している。#8 "Bringer of War"なんかは比較的リフのメロディがしっかりしていて、冷涼感はないがややファストブラックみたいな雰囲気も感じる(赤ジャケ時期のDark Funeralとか…この作品もジャケット真っ赤だし)。

 真っ赤なジャケットがぴったり似合う、激烈にι(´Д`υ)アツィーな高速デスメタル。全曲同じような雰囲気ではあるんだが、結構それぞれに印象的なリフ・メロディが配されているので、区別はつくぞ。

3.感想/評価(★の5段階)

 ★★★★-
 こうして聞き比べると、2ndのパワーとエネルギーはスゴイ。音圧・バランスも素晴らしい。

4.どのような人に推奨するか

 Krisiunファン、速いMorbid Angelのファンに推奨。高速厨であればかなりオススメ。カッチリしすぎないオールドスクール味は推しポイント。