めたすらいむの舟

メタル/書評を通じて、ものを書く練習を行っています。原則平日朝更新予定。

池井戸潤 / 下町ロケット

下町ロケット (小学館文庫)

下町ロケット (小学館文庫)

池井戸潤 / 下町ロケット のレビューです。

1.作品を選んだ理由

 半沢直樹シリーズをはじめとする作品をいくつか読んで面白かった。今回は銀行が主役ではないが、どうなのだろうか。

2.内容

 2010年作、2013年に小学館文庫より発刊。2011年に第145回直木三十五賞 を受賞。
町工場で地道ながら精度の高いものづくりを続ける佃製作所と、国産ロケットを開発する大企業・帝国重工との技術対決が大筋。読んでいると仕事をしたくなってくるというか、仕事に魂を込めたくなるような感じがする。佃製作所側も当然一枚岩ではなく、大企業との対決にあたって社長(主人公)と社員たちの軋轢が当然ある。一方の帝国重工側も社の方針を重んじるもの・佃製作所の品質に感銘を受け一緒に仕事をしたいと思うもの・保身に走るものと様々…。その交錯する人間模様と立場の入れ替わり、リアリティのある細かい描写が大変面白い。キャラクターのやりとりも目に浮かぶようで、あぁこれはドラマ化したらウケるなと思ったし、賞を取るだけの作品であるなと。半沢直樹シリーズが「銀行モノ」とするなら、こちらは「エンジニアもの」だね。敢えていうと、社長単体で見れば研究職への道もあるほどの技術力をもし一国一城の主として会社経営と夢の追求をしているスーパーハイスペックおじさんじゃねぇか、という妬みはなくもないかなw。

3.感想/評価(★の5段階)

 ★★★★★
 銀行モノよりエンジニアものの方が自分にはあってるな。すごく面白かった。

4.どのような人に推奨するか

 全ての会社人が読んで楽しめる内容だと思います。