めたすらいむの舟

メタル/書評を通じて、ものを書く練習を行っています。原則平日朝更新予定。

池井戸潤 / 果つる底なき

 

果つる底なき (講談社文庫)

果つる底なき (講談社文庫)

 

 池井戸潤 / 果つる底なき のレビューです。 

 

1.作品を選んだ理由

 半沢直樹シリーズで気に入った作者の、初期に評価された作品(第44回江戸川乱歩賞受賞)とのことで。

 

2.あらすじ(内容)

 1998年の作品。銀行員の同僚坂本が不振な死を遂げ、その調査に奔走する中で銀行の闇に立ち向かう。半沢シリーズはエンターテイメントに振り切った読み味だったが、こちらは江戸川乱歩賞に選ばれたのも頷ける。端的に言って死人が出る作品あり、敵方の顔が見えない中での臨場感のある調査シーンやアクションシーン、重なる死者と深まる謎はミステリーのそれ。

  

3.感想/評価

 ★★★--

 なるほどこういうところから銀行ミステリーと言われるようになっているのだね。半沢とは読み味が異なるものの、面白い。

 

4.どのような人に推奨するか

 ミステリー好きに。半沢シリーズのようなエンタメ小説ではないので。