めたすらいむの舟

メタル/書評を通じて、ものを書く練習を行っています。原則平日朝更新予定。

Milking the Goatmachine / From Slum to Slam - The Udder Story

From Slum To Slam: The Udder Story

From Slum To Slam: The Udder Story

  • アーティスト:Milking the Goatmachine
  • 出版社/メーカー: Noiseart Records
  • 発売日: 2019/12/20
  • メディア: CD

ドイツのデスメタルグラインドコアバンドMilking the Goatmachine / From Slum to Slam - The Udder Storyをレビュー。

1.作品を選んだ理由

 新宿ディスクユニオンで完全にジャケ買い。まあポップの力もある。デスメタルのポップを大量に書いてくれている大塚さん、ありがとうございます。

2.内容

 2019年リリースの8thフルで、NoizeArt Recordsからリリース。2008年結成の若いバンドながら近年珍しい多作なバンドで、1年に1作くらいのペースでリリースしているみたいだね。バンド名からも、アメコミなジャケットからも、ヤギのお面をかぶったメンバー写真からもヤギ(Goat)愛を感じる仕上がり。
 ぶっとく歪んだギターとベースでノリ重視の低音リフをザクザク刻んでいく。タイトルにもある通りスラミングデス的な要素が結構強く、グゥィグゥイーと低音ガテラルをキメ込むボーカルとスローパートの組み合わせは確かにそれっぽい。というか、曲調としてはハードコア風のハネたような疾走パートがたまに出てくるくらいで、全体としてはスローパートの方が何なら多いし、ブラストビートも基本的にない(#6 や#8あたりで少し聞けるが、あまり勢いがない…)。ガテラルの効いた、スローなTerrorizerといった感じ。  

3.感想/評価(★の5段階)

 ★★★--
 うーん、もっと速いパートは速くのメリハリが欲しいぞ。なんだかとても大人しく感じてしまった。

4.どのような人に推奨するか

 ノリ重視のグラインドコア好きや、スラミングデス好き向けかなぁ。爆速なブルータルデスメタルを期待すると全然違うので気を付けて。