めたすらいむの舟

メタル/書評を通じて、ものを書く練習を行っています。原則平日朝更新予定。

Abysmal Dawn / Programmed To Consume

Programmed to Consume

Programmed to Consume

アメリカのデスメタルバンド Abysmal DawnのProgrammed To Consumeをレビュー。

1.作品を選んだ理由

 前から名前は知っていた。新宿ディスクユニオンで見かけ、このバンド初購入。バンド名は「最低な夜明け」とでもいったところか。日本盤の帯、アビスマル・ダウン はやめようよ…。

2.内容

 2008年リリースの2ndフルで、Relapse Recordsから。大手!ブルータルすぎない、オールドスクールで雰囲気あるタイプのデスメタルをやっている。

 ボーカルは高音から低音までレンジのあるデスヴォイス。Morbid Angel的な禍々しさ/荘厳さを備えた低音で蠢く、あるいは刻むタイプのフレーズが多く、偶にフラッシーなギターソロが切り込んでくるのもそれっぽい。どことなくフレーズにエスニックというか中近東の香りもあります。ドラムは速すぎないブラストビートを程よく織り交ぜつつ、手数多めでスロー~ファストまで様々なリズムをたたき出すが、ここもMorbid Angelっぽい。
 では、いつのMorbid Angelですかと言われると、"Gateways to Annihilation"くらいかなという気がするが、あのアルバムほどの邪気と圧力はない。ノリの良さ・わかりやすさがやや高く、「速くないHate Eternal」といった感じもあるか?(あんまり褒めてないけど)。

 ちなみに、音質は非常によい。単純にヘヴィメタルサウンドとしてみたときに、各楽器が分離されバランスよく綺麗に聞こえている点が素晴らしい。特にドラムは細かいフレーズまで良く聞こえる。逆に言えば小綺麗でデスメタルに必要な「圧」は控えめに聞こえるので、音楽性との一致を考えると一長一短かも。テクデス系なら確かに綺麗めでマシーナリーな音質はよくあるけど、このバンドはあまりそういう感じではないから。

3.感想/評価(★の5段階)

 ★★★--
 総じて地味というかフツーに聞こえてしまうんだなー。でもそれがいいところなのかもしれない。

4.どのような人に推奨するか

 ストレートな「The デスメタル」であり、音質もいいので、デスメタル入門編としていいかも。